スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

HP社、買い取り提示額を18億ドルに引き上げ 

合併・買収を進めるのは市場拡大もそうですがユーザーにより多くのサービスを
提供できるように、ということなのでしょうか。
しかし他の大手の会社と競争もあるようですし、
今後の展開に注目です。
 【ニューヨーク共同】米コンピューター大手のヒューレット・パッカード(HP)は26日、データ記憶装置を手掛ける米3PARへの買収提示額を約18億ドル(約1500億円)に引き上げたと発表した。米デルが同日朝に3PARの買収額を約16億ドルに引き上げたのに対抗した。

 3PARはネット上に置いたデータなどを利用する「クラウドコンピューティング」関連の技術に強みを持つ。市場拡大が期待できるため、米コンピューター大手2社による争奪戦が過熱している。

 買収合戦は、デルが16日に約11億5千万ドルで買収合意したと発表したのに対し、HPが23日に約16億ドルでの買収を申し入れたことで幕を開けた。今回のHPの買収額引き上げで、当初のデルの提案額から1・5倍以上につり上がった。

 HPは26日、これとは別に米ソフト会社「ストラタビア」の買収を発表。17日にもセキュリティーソフト会社の買収を決めるなど企業の合併・買収(M&A)戦略を加速させている。

HPが買収額を引き上げ 3PARめぐりデルに対抗 - 47NEWS

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。