スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

GPS衛星「みちびき」が11日夜に打ち上げ、「打ち上げを成功させたい」 

日本でロケットを打ち上げするのはあまりないので、ちょっとわくわくしますね!

GPSも備えているということで、さらにGPSが使いやすくなりそうですね。

天気予報はそんなに天気も悪くなさそうなので、
打ち上げが成功してほしいです。
衛星利用測位システム(GPS)を国産で初めて備えた準天頂衛星「みちびき」を搭載したH2Aロケット18号機は11日午後8時17分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げられる。センターでは10日、衛星開発責任者である宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)の寺田弘慈・プロジェクトマネジャーたちが記者会見し「準備は万端整っている」と意気込みを語った。

 みちびきは、カーナビなどに利用されている米国のGPSを補完し、日本の高層ビル群や山間地でも測位が妨げられない環境をつくるとともに、GPSの誤差を10メートルから1メートル以下に縮めるための技術確立を目指す。みちびきが日本上空を通るのは1日8時間。24時間の運用には3基必要で、その第1号となる。

 18号機は打ち上げ準備を終え、衛星を目視で確認するための扉も同日、閉じられた。寺田プロジェクトマネジャーは「わくわくしている。これからの衛星運用を考えると緊張を感じる」と心境を語った。

 打ち上げ予定時刻のセンター周辺の天気予報は晴れときどき曇り、にわか雨。風速も3メートル程度で支障はない。

 三菱重工業の並河達夫・打ち上げグループ長は「夜の星空に向けて、打ち上げを成功させたい」と話した。

宇宙機構「準備万端整った」 GPS衛星「みちびき」11日夜打ち上げ - 西日本新聞

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。