スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

ペンタックス、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-5」発売 

デジタル一眼レフカメラで機能もデザインもよさそうなので、
写真を撮る方にはとても嬉しい新商品ですね。

一般の方も普通のデジタルカメラと同じように気軽に使えたらよいですね。

ちょっと大きめなので持ち運びは少々不便かもしれませんが、
あまり写真を撮らない方でも写真を撮るのが楽しくなりそうです。
HOYAは、「PENTAX」ブランドのデジタル一眼レフカメラの新モデル「PENTAX K-5」を発表した。ラインアップは、ボディ単体のほか、標準ズームレンズ「smc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6ED AL WR」を同梱した「PENTAX K-5 18-55WRレンズキット」、同時発表された標準ズームレンズ「smc PENTAX-DA18-135mmF3.5-5.6EDAL [IF] DC WR」を同梱した「PENTAX K-5 18-135レンズキット」の3種類を用意。ボディ単体とズ「smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL」は10月下旬より、「PENTAX K-5 18-135レンズキット」は11月中旬より発売する。


2009年6月発売の「PENTAX K-7」をベースに開発した、デジタル一眼レフカメラ「K」シリーズの最上位モデル。撮像素子には、高速、低ノイズの新型CMOSイメージセンサーを採用し、高性能画像処理エンジン「PRIME II」との組み合わせで高い解像感と階調豊かな色再現性を備えた、有効約1628万画素の高精細画像と最高約7コマ/秒の高速連続撮影を実現している。

また、AUTO設定時の感度をISO100~6400(「K-7」はISO100~3200 )に拡大したほか、カスタム設定に拡張ISO80~51200の減感・増感設定を用意するなどの強化も図られている。

また、AF測距用の光学系を一新するとともに、撮影時の光源情報も加味することで、より高精度なオートフォーカスが可能になった最新の11点ワイドAFセンサー「SAFOX(サフォックス) IX(ナイン)+(プラス)」(中央部9点はクロスタイプ)を新たに採用。

AF.S(シングル)モードではフォーカス優先、レリーズ優先のいずれかを、AF.C(コンティニュアス)モードではフォーカス優先、コマ速優先のいずれかを撮影シーンに応じて自由に選択することが可能になったほか、本体には専用のAF補助光を搭載し、暗い場所でのAF性能が向上している。さらに、新型センサーの採用やアルゴリズムの改良により、ライブビュー中のコントラストAF性能も大幅に向上している。

撮影機能では、同社デジタル一眼レフカメラ「K」シリーズで初めてフルハイビジョン動画撮影機能を搭載したのが特徴。最大1920×1080ドット・25fpsのフルハイビジョン動画撮影を楽しめる。なお、動画で連続記録できるのは1回につき25分、最大4GBまでとなっている。


また、露出の異なる3枚の画像を撮影してカメラ内で合成し、超ワイドな階調の画像に仕上げる「HDR機能」も大幅に強化。オート、標準、誇張(3段階)から撮影意図に応じて選択でき、新採用の自動位置調整機能によって、手持ち撮影での利用も可能となっている。さらに、「PENTAX K-x」や「PENTAX K-r」に搭載されている「クロスプロセスモード」も新たに搭載。

撮影者の意図や撮影シーンにあわせて画像仕上げを選択できる「カスタムイメージ機能」に、映画のワンシーンのような重厚な表現が楽しめる「銀残し」を、カメラ内で画像にさまざまな加工処理を施し、多彩な映像表現が楽しめる「デジタルフィルター機能」には、新たに「デッサン」や「ポスタリゼーション」などが追加されている。


カメラボディは「PENTAX K-7」に引き続き、外装にマグネシウム合金を、シャシーにステンレス合金を採用。77カ所にシーリングを施した防塵・防滴構造やマイナス10度まで動作する耐寒性能、10万回の作動に耐える最高速度1/8000秒のシャッター機構、独自の手ぶれ補正機構「SR」などを「PENTAX K-7」同様に備えているが、パーツ形状の全般な見直しにより、操作性は向上している。

ファインダーも「PENTAX K-7」と同じく、視野率約100%、倍率約0.92倍のガラスプリズムファインダーを搭載。背面液晶は、「明るさ調整機能」や「色調整機能」を備えた約92.1万ドット表示対応の3.0型タイプを採用する。

このほかの主な仕様は、ボディサイズが131(幅)×97(高さ)× 73mm(奥行)、重量が約740g(電池、SDカード込み)。バッテリーは、専用リチウムイオン充電池「D-LI90」で、撮影可能枚数は約980枚(ストロボ発光無しの場合)。記録メディアはSD/SDHCメモリーカードをサポートする。

価格はいずれもオープン。


ペンタックス、「K」シリーズ最上位モデル「K-5」 - 価格.com

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。