スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

「はやぶさ」燃え尽きる最期の輝き、満月の2倍の明るさ! 

満月の約2倍の明るさって、どれくらい明るいのでしょうね。

ちょっと見てみたかったです。

しかし、これが本物の流星の研究に役立つなんてすごいですね。

流星の輝きの成分が明かされていなかったのも意外でしたが、
早く解明されると良いですね。
 約60億キロ・メートルの宇宙の旅から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」は、燃え尽きる際に満月の約2倍の明るさで輝いたことが、国立天文台などの観測でわかった。22日の夜は中秋の名月。満身創痍(そうい)でオーストラリアにたどり着いたはやぶさの最期の輝きに、遠い日本から思いをはせてはいかがだろうか。

 国立天文台などは今年の6月、はやぶさが大気圏に突入する様子をオーストラリア南部で観測した。その明るさは最大でマイナス13等ほどで、満月の約2倍、北極星の約100万倍もの明るさになっていたことがわかった。

 はやぶさは大気圏に突入するとき、300個以上もの破片に分解した。個々の破片の表面がそれぞれ輝いたため、それを合わせた明るさが月を大きく超えた。

 現地で観測した渡部潤一・国立天文台教授は「はやぶさの輝きは、いわば人工の流星。はやぶさは素材がわかっているので、その輝きの分析を本物の流星の研究に役立てたい」と話している。


「はやぶさ」…最期の輝き、満月の2倍 - 読売新聞

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011-12-07 23:40 |  |    [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013-01-24 10:20 |  |    [ 編集 ]

最新トラックバック 
月別アーカイブ 
検索フォーム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。